日常生活

魂を救える人

1か月ほど前に、メンターとお会いする機会をいただきました

私はメンターから学び4年ほど経っています

最初の方は不安定なところもありましたが、今では収入も安定しています

月収100万円を超える月もあります

3時間ほどお会いする機会をいただきました、ありがたいことです

虫を殺さないメンター

あるセミナールームにいたときの話です

休憩中に、私は、窓を開けていました

すると、小さなハチのような虫がぶ~んと入ってきました

 

大の虫嫌いの私

ぎゃ~~~

となってメンターに抱きつきそうになりましたが、旦那の顔が浮かんで辞めました(笑)

蜂が壁に張り付いたとき、私はとっさにテーブルの上に置いてあった紙の束を手に取りました

 

そして、一撃で仕留めようと振りかぶった時です

 

「ちょっと待ってください」

 

とメンター

「僕に任せてください」

とメンターは蜂にとことこ近づいて、手をす~っと伸ばしました

 

私が、危ない!ぎゃ~~ 逃げる~~と うるさくいいました(スイマセンうるさくて)

メンターは

「すいません、少しの間だけでいいので黙っていただけませんか、虫が驚きますので」

といいながら

手で蜂をスッと捕まえました

手の中に蜂を封じ込めたんです

 

そして、窓をあけて蜂を逃がしました

 

「僕は虫は殺さないんです」

「ゴキブリはさすがに手でつかみませんが、ティッシュでつかんで逃がしますよ」

「一寸の虫にも五分の魂というでしょう」

 

とメンターは言われました

 

普通の人は、ゴキブリや蜂みたいな、虫なんて叩いて殺すと思います

メンターは殺さずに逃がします

 

きっと、メンターはそうやってたくさんの死ぬ運命にあった虫を救てきたんでしょう

救っている魂の数が多い人が、きっと神様からご褒美をもらうんだろうなと、思いました

 

メンターは普通の人と違います

これからもメンターについていこうと固く決心した日になりました

  • この記事を書いた人

ryoko

2016年秋に職場を退職し、約20年間の正社員生活にピリオドを打ちました。 起業したものの、うまくいかずに借金まみれに…。 人生のどん底でもう本当に身動きが取れなくなった2017年2月、メンターとの出会いがあり、本当に救われました。 ⇒詳しいプロフィール

-日常生活

© 2022 40代ネット起業家RYOKOの脱サラ奮闘記